採用情報 RECRUIT

  • コア・テクノロジー
  • 開発事例

ニュース

2011年02月24日 “天潤人和 -- 潤和ソフト2011年忘年会”開催

2011年1月29日、“天潤人和 -- 潤和ソフト2011年忘年会”を南京青春劇場で開催し、千人近く社員が一堂に集まって、会社の1年間の成長への喜びと新しい一年への希望を共有しました。

周紅衛代表取締役は“天潤人和 -- 潤和ソフト2011年忘年会”のスピーチで、“天潤人和”は天が万物を潤い、人々が力を合わせるという意味で、2010年度の潤和ソフトはまさにその通りに、著しい成長を成し遂げ、2011年は更なる飛躍が期待できると述べました。  忘年会では、会社成長への貢献が大きい優秀社員への表彰式も行われました。2010年度最優秀社員賞、優秀社員賞以外、部署ごとの優秀新人賞、優秀社員賞、優秀マネージャ賞、技術貢献賞、優秀チーム賞などが授与されました。

忘年会で、各部署の社員たちは、社員バンドの演奏、手作りのコント、アコーディオンの独奏などさまざまなジャンルの素敵なパフォーマンスを披露してくれました。演出の合間には、抽選会やゲームも行って、社員同士の親睦を深め、社員は一同はすごい盛り上がりを見せました。

新しい年を迎えながら、潤和ソフトは「グローバル化」、「専門性の追求」、「高度化」を基本姿勢とし、中国国内外のお客様により包括的、より高度な技術サービスを提供し、もっと輝かしい成長を目指します。

2011年01月13日 潤和ソフトがフォーブスの中国有望企業一覧にランクイン

2011年1月10日、世界有数の金融メディア“フォーブス”中国版が上海で2011年中国成長有望企業200社を発表しました。江蘇省アウトソーシングサービス産業のリーダー企業である潤和ソフトは、このリストに選ばれ、多くの有名上場企業の前にランクインされています。

今回は“フォーブス”中国版の第7回の発表です。フォーブス社は2万社以上の中国中小企業を独自調査し、成長目標(3年加重売上成長、利益の伸び率)、収益率(3年加重ROA、ROE)、収益性指標(純利益)、販売売上および利益目標などの指標を総合的に比較し、一部の優秀候補企業には直接訪問することで、もっとも成長有望な中小企業をリストアップしています。

潤和ソフトは近年高度成長を続き、南京を本部および開発拠点とし、日本東京、シンガポール、アメリカシリコンバレーとボストンに子会社または事務所を開設したグローバル化企業へと変身しました。今回のランクインは潤和ソフトの勢いと潜在成長力が国際権威機構により認められたことになります。

2010年12月06日 CCAS社と潤和ソフトが戦略的提携関係を締結

2010年12月6日午後、CCAS社と潤和ソフトの戦略的提携関係締結のニュースリリースがシャングリラ・ディンシャン南京ホテルで開催されました。今回の調印式には、南京市副市長、雨花区党委書記李侃桢氏、江蘇省経済と情報化委員会副主任龚怀进氏、江蘇省経済と情報化委員会情報産業処処長池宇氏、潤和ソフト社長周紅衛氏、副社長姚寧氏とCCAS社の上級幹部などと政府関係者も含む多くの方々がご出席されました。

CCAS社(Cross Country Auto Services)は自動車関連サービスにおいて世界をリードするグローバルサプライヤーです。BMW、メルセデス、レクサス、ロールスロイス、シトロエンなど世界中の有名ブランドにサービスを提供し、多くの顧客より賞賛されております。

潤和ソフトは中国国内外の顧客に高付加価値のソフトウェアアウトソーシングサービスを提供する専門的なソフトウェア企業で、江蘇省ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟の幹事企業です。弊社は南京を本部および開発拠点としたグローバル化企業で、主要事業はマーケットエリアにより中国国内事業と国外事業に分かれています。中国国外事業は日本市場をメインに欧米市場も含めオフショアソフトウェアアウトソーシングサービスを展開し;中国国内事業は長江デルタ地域の市場をメインとし、特定業界の得意先にITソリューションと専用アプリケーション開発サービスを提供いたします。会社設立以来、数百件にのぼる国内外の大、中規模の開発プロジェクトを遂行してきました。関連業種は金融、製造、流通、通信、医療、エネルギー、ITサービス、政府機関など多岐にわたります。

CCASと潤和ソフトは友好ムードのなかで、戦略的協力協定に調印しました。協力当初は、組み込み系ソフトウェアのアウトソーシング開発、サービス環境のサポートなどを含む、戦略的レベルで協力します。今回の協力は、両社のWin-Win関係構築にとどまらず、江蘇省のソフトウェア業界、特にソフトウェアアウトソーシングサービス業界の国際化発展を牽引し、国内ソフトウェア企業と国際企業との直接連携を強化し、企業の国際競争力を高めました。

2010年11月08日 南京市党委常務委員、組織部王奇部長が弊社を視察

11月5日、南京市党委常務委員、組織部王奇部長および関連部門の幹部一行16人が弊社を訪れ、ソフトウェア企業の起業及びイノベーション人材に関する調査研究を行いました。

周社長より弊社の起業及びイノベーション人材に関する状況を王奇部長一同に報告しました。報告によると、潤和ソフトは江蘇省ソフトウェアアウトソーシングのリーダー企業として、近年高度発展を成し遂げています。これは弊社がハイエンド人材の重要性をいち早く認識し、中国国内外からハイエンド人材を積極的に登用した結果ともいえます。

いま現在弊社には海外留学生が40人(博士5人、修士15人)います。彼らの入社は先進的な技術と優れた経営理念をもたらしただけではなく、彼らの海外人脈とつながりは会社の国際市場拡大にも役に立っています。

王部長は弊社の人材開発の努力を高く評価しました。また、企業のハイエンド人材登用は企業の発展のみならず、南京市の建設にも寄与していると指摘し、潤和ソフトのさらなる発展を期待するとも述べました。

2010年10月19日 2011年新卒募集が正式スタート

江蘇潤和ソフトウェア株式会社(略称:潤和ソフト)の2011年度新卒募集が正式にスタートしました。2010年10月18日より全国7つの大学で会社説明会を開催いたします。江蘇省ソフトウェアアウトソーシングサービス産業のリーダー企業として、全国の各大学より100名以上の新卒者を採用する計画です。

潤和ソフトは中国国内外の顧客向けに高度なソフトウェアアウトソーシングサービスを提供するソフトウェア会社です。会社設立以来、数百件にのぼる国内外の大、中規模の開発プロジェクトを遂行してきました。関連業種は金融、製造、流通、通信、医療、エネルギー、ITサービス、政府機関など多岐にわたります。弊社が投資建設した潤和ソフトパークは、南京雨花ソフトウェア産業区のソフトウェアアウトソーシング産業メインパークです。建設計画面積は8万平方メートルに達し、未来2-3年のうちに5000人以上のソフトウェア開発要員が作業できるようになり、全体のアウトソーシング売上高は2億ドル以上に達する見込みです。

潤和ソフトの近年の高度成長により高まりつつある優秀なソフトウェア開発人材への需要を満たすため、今回全国7つの大学にて会社説明会を開催することになりました。初回説明会は10月18日に合肥工業大学で開催いたします。

弊社は入社できた優秀な卒業生に対して給料、キャリアパス、仕事条件なども含めて優れた作業環境を提供いたします。弊社では社員の能力や希望に応じシステム開発系、システム設計系さらには管理系の3分野におけるキャリアパスを用意しております。また、上司とのキャリア・インタビューを通じて自分自身のキャリアアッププランを作成し、自分自身の成長を図ることもできます。

潤和ソフトはあなたの加入を心待ちにしております。会社とともに更なる成長を成し遂げましょう。

2010年09月08日 第6回中国(南京)国際ソフトウェア博覧会に参加

業界の皆様に期待されていた第6回中国(南京)国際ソフトウェア博覧会が、9月3日から9月5日までに南京国際博覧センターにて開催されました。潤和ソフトは江蘇省ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟(略称:アウトソーシング連盟)の幹事企業として、博覧会開催に積極的に参加しました。今回で潤和ソフトの参加は5回目になります。博覧会でアウトソーシング連盟の展示場は多くの参加者の注目を浴びました。江蘇省党委書記梁保華氏、省長羅志軍氏、南京市党委書記朱善璐氏、市長季建業氏等が該当展示場を訪れ、潤和ソフトの新プロジェクトに興味を示しました。弊社周紅衛社長と博覧会に招待された日本企業のお客様も開幕式に出席されました。

弊社はアウトソーシング連盟の幹事企業として、周紅衛社長のリーダーシップの下で、大会テーマの“専門化、市場化、国際化、ブランド化、普及化”に呼応し、簡潔かつエレガントにデザインされたブースを通じて、アウトソーシング連盟をアピールしました。多くの参加者からアウトソーシング連盟への加入を希望しされたり、またはアウトソーシング連盟との協力の意思を示されたりしました。

博覧会開幕当日、省委書記梁保華氏、省長羅志軍氏、国家産業と情報技術部および省市の多くの幹部がアウトソーシング連盟の展示場を訪れ、周社長よりアウトソーシング連盟の発展計画と潤和ソフトの科学技術成果を紹介されました。梁書記、羅省長一同は潤和ソフトの最新3D動画プロジェクトに興味津々で、専用眼鏡をかけて3D動画を観賞し、弊社のソフトウェアアウトソーシング業界での成長を肯定し、アウトソーシング連盟の将来に期待していると述べました。

今回の博覧会で、潤和ソフトは電力、自治体、通信、GIS向けソリューションの展示以外、さらに二つのインタアクティブな体験コナーを設けました。ソフトウェア展示コナーでは、来客がノートパソコンを操作しながら弊社最新の商圏分析システム実体験できます。3D体験コナーでは、来客が専用眼鏡をかけて潤和ソフトが製作した3D映画楽しむことができて好評を博しました。

2010年08月29日 江蘇ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟大会開催

2008年8月28日、江蘇ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟発足会議が、南京で開催されました。省政府経済と情報化委員会龚懐進副主任、池宇処長、王万军副処長、潤和ソフト周社長、省市関連部署の責任者および省内ソフトウェアアウトソーシングサービス業界の数十社の代表が大会に参加しました。本大会は省経済と情報化委員会が主催し、潤和ソフトが進行役に任されました。

江蘇ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟は、潤和ソフトを始めとする12社が発起企業であり、数十社のメンバー企業より構成されています。本大会では、発起企業より連盟規約が議決採択されたほか、弊社が幹事企業に選ばれました。弊社の束総経理が連盟発足の準備状況を大会に報告した後、龚懐進副主任が連盟発足を宣言し、弊社周紅衛社長が2010-2011年度の連盟活動計画を報告しました。

龚怀進副主任は会議で、ソフトウェアアウトソーシングサービス産業は、江蘇省経済発展の基幹産業のひとつになりつつあるので、連盟内部の企業間はもちろん、ほかのソフトウェア連盟との交流も深め、みんなで協力し合って江蘇省のソフトウェアアウトソーシングサービス産業の成長に寄与しましょうと述べました。

大会閉幕後は親睦会が催され、参加者たちは業界内企業間でこのような情報交換、協力の場を設けたことは企業の成長に大変有益だとみんなよろこんでいました。

数ヶ月の入念な準備を経て、江蘇ソフトウェアアウトソーシングサービス産業連盟がが無事発足し、政府関連部門と参加企業から一様に高く評されました。連盟の発起企業の1つで幹事企業に選出された弊社の周社長は、その責任の重大さを自覚し、弊社もこれを契機に連盟でリーダーシップを発揮し、他のメンバー企業と協力しながら“江蘇省ソフトウェアアウトソーシングサービス”のブランドイメージを推進していくと思っています。

2010年06月21日 南京市党委書記朱善璐氏が弊社を視察

6月21日省党委委員、市党委書記朱善璐氏と副市長、雨花区党委書記李侃桢氏が雨花台区の潤和ソフトと華為ソフトを視察しました。弊社視察時朱市長は、世界の一流企業を目指し、より大きく強くなるようにと励ましてくれました。また関連部門にソフトウェアエンジニア倍増計画を策定し、南京市のソフトウェアエンジニア人数を大幅に増加させるように指示しました。

朱善璐氏は今回の視察で、ソフトウェアアウトソーシングサービス産業は著しい成長を成し遂げ、南京市の基幹産業のひとつになりつつあり、南京市の経済発展に多大な貢献を寄与していると指摘しました。

2010年06月03日 南京市長季建業氏が弊社を視察

6月3日、南京市季建業市長、羅群副市長、李崎副市長及び関連部門責任者など一行が弊社を視察しました。

季建業市長一同は、弊社周紅衛社長の会社紹介後、開発室を訪問し、弊社の製品研究開発と経営発展状況について詳しくお尋ねいたしました。季市長は弊社に対して、自社ブランドの構築とコア技術の開発と同時に、地元の強みをうまく利用して、情報サービス業界などの領域にも進出して企業を成長させましょうと励ましてくれました。また南京市政府としては引き続き潤和ソフトを始めとする地元ソフトウェア企業を強力にバックアップし、地元ソフトウェア企業の成長とともに全国での南京市ソフトウェア産業の優位性と競争力を高めていきますようにと話しました。

2010年03月31日 弊社周紅衛社長が南京市政協常任委員会会議に出席

2010年3月31日、南京市第12回政治協議会11次会議が開催されました。会議は市政協主席缪合林氏が主宰し,羅群副市長が出席し演説を行いました。弊社からは周紅衛社長のほか数人の市政協委員が出席しました。

会議では去年年末に、南京市党委と政府が提案した南京市経済発展戦略について議論が行われました。弊社からは周社長を始め6名の政協委員が発言し、南京市建設について自分の意見を述べました。

周社長は、“南京市経済発展戦略と、ソフトウェアアウトソーシングサービス産業の快速発展”をテーマに発言を行いました。周社長はソフトウェア産業が南京経済発展においての重要性に言及し、ソフトウェアとサービスのアウトソーシング産業は大きなチャンスを迎えている認識を示し、いかに南京のソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の快速発展を実現させるべきかを説明すると同時に、政府への関連政策提案を述べました。

このページのトップへ